• Chiharu Saito

無邪気さと諦め。

ハルスタイルのハルです☺


今日は、恒例の月一交換セッションの日


けいちゃんのサロンへ行ってきましたよ。

じぶんサポートサロン 波音~HANON~



いつものごとく・・・

やっぱりお昼まで弾丸トーク・・・笑


アジアン弁当食べてトリートメント開始しました。






私が受けたのは、音叉トリートメント10のプロトコルの4回目「肺ver.」です。

(10のプロトコルに関してはこちらを)

「肺」には、悲しみの感情が主に表れるそう。


ベッドに横になりアファメーションをしてはじまりです。


一番最初に感じたのは、音叉の振動が身体の中に波のように流れてきた。

細胞がざわざわ~っと振動していくけど、ある場所にくると障害物にあたったように感じた。

流れない部分があるようなそんな感じだった。


それを感じながら、私の意識はどこかへいってしまい・・・


でもところどころ、何かを感じて何かが見えてる・・・でも、その映像が思い出せない。


切なさ。


というか・・・


孤独。


というか・・・


そんな何とも言えない感じを身体のどこかで感じていた。


仰向けから、うつ伏せになって


すごく身体がずーんと重い・・・


頭の中の映像は、動けない自分・もがいている自分。がいた。


トリートメントが終わってなんともいえない切なさを感じて、少し戸惑った・・・


ふ~


なんか、なんか、なんか・・・


いま、このブログを書きながら、眼球がうるっとなる。



トリートメントが終わると、けいちゃんが受け取ったイメージを私に伝えてくれる。


・ 最初は黄色と緑(ライムっぽい色)が見えて、無邪気な子供だった。

・ 手を伸ばすけど、誰かにその手を振り払われる。掴んでもらえない。握ってもらえない。

・ 「ハイハイ、わかった」と相手にしてもらえない。

・ 「ハイハイ、わかった」が沢山きこえる。

・ わかるでしょ!自分でやって。

・ 誰も話を聞いてくれない。

・ 子供ながらに、だんだん仕方ないよね・・・とおもうようになる。

・ どうせ自分なんて相手にしてもらえない。


と、トリートメント中に受け取ったイメージが上記のような事。


これを聞いて・・・まさに、自分の幼少期、感じていたような事。


腕(肺経、肺からのツボの道筋)に音叉をあてていた時は、なんども何かを掴もうとする動作をしていたそう。


無邪気な子供だったはずが、相手にされず周りの雰囲気を読まなくてはならなくなってた。


母の事が大好きだった。

くっついていた記憶ももちろんある。


でも、私が2歳か3歳で父が他界し、そこからはいろんな意味で母一人で大変だったと思う。

正確には、父が他界する前からある事情で大変だった。


母の実家に預けられることもしばしば・・・

ようやく自宅へ送ってもらって帰ってきたとおもったら・・・

「おかあさん大変だからまたおじちゃんちに泊まるね」って母に言ってまた車にのっていちゃったとか。

母は、「あなたは、小さいころから気を使っていたみたいだった」と私の事を言っていた。


4人姉妹の末っ子、私だけ年が離れている。

いつでも”みそっかす”

何かすれば、あんたは甘えてる

一番下は、いいなー

考えがあまい

散々言われてきた。


49歳の今になっても

「4番目は甘ちゃんでいいなー」って親戚からいわれたり。笑



今日、改めて奥底にしまい込んだ感情に気付くことができた!


「無邪気さと諦め」


家族というキーワードにも、少々マイナスなイメージを感じてる。


まだまだ、自分の中の孤独な自分と向き合う必要がありそうです。


4回目の音叉にして、やっとしまい込んだ感情が見え始めた!


アロマ音叉、5回目が楽しみです。



最後に・・・

今、ここに存在させてもらえていることに感謝しています。


長くなりましたが・・・


寝ます!!笑


おやすみなさいzzz






27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示